会長の挨拶

「介護福祉士の未来は介護福祉士自身が切り開く!」

公益社団法人 日本介護福祉士会 会長 石本 淳也
公益社団法人 日本介護福祉士会
会長 石本 淳也

国家資格である介護福祉士が創設されて四半世紀が過ぎ、介護福祉士に期待される役割も、より高い専門性が求められるようになってきました。 この間、介護福祉士に関する法律(社会福祉士及び介護福祉士法)の「定義規定」や「義務規定」も改められ、介護福祉士養成施設におけるカリキュラムも見直されています。 また、現在、改めて介護福祉士が担うべき役割・機能の在り方について議論が進められているところです。

我々介護福祉士は、国民の誰もが安心して暮らすことの出来る地域社会を作ることに貢献し、その人らしい「幸福の追求」に寄与することが出来る専門職として、 専門的な知識・技術のみならず、倫理観を備えるとともに、豊かな人間性が求められています。

日本介護福祉士会では、これらの要請に応え、質の高い介護福祉士を育成するため、資格取得後も自己研鑽を継続して行うことの出来る生涯研修として、 専門研修・学術研究・研修大会など、様々な活動を行っています。

他方、介護福祉士が、やりがいをもって安心して働くことができる、また、介護を必要とする国民やその家族が安心して生活することができる社会を実現するためには、 介護福祉士の「ステータス」を向上させることが必要です。日本介護福祉士会は、全国で日夜頑張っている皆様の声を国や関係機関にしっかりと届けるという使命を担っています。 皆様の声をより具現化していくためには、介護福祉士会としての仲間が一人でも多く必要です。

「介護福祉士の未来は介護福祉士自身が切り開く!」

どうか皆様の力を集結し、介護福祉士が明るく期待感をもって働くことができる介護の業界づくりにご協力下さい!入会するメリットは「あなた次第」です!


ページ先頭へ