トピックス一覧

[ 全 757件 ]

New! 2021/01/18(月)
令和3年1月18日。藤野常任理事が第199回社会保障審議会介護給付費分科会に出席しました。
今回の介護給付費分科会では、令和3年度介護報酬改定に向けて、4月から適用する報酬・加算の新たな単位数が示され、議論が行われました。

藤野常任理事は、今回の改定では、科学的介護推進のため、CHASE・VISITの活用を評価する加算が多く設けられている。科学的介護の推進の必要性には同意するが、事業所が取組の趣旨を理解し、積極的に活用できるよう促す必要がある旨。一方で、加算の算定は、イコール利用者の負担増であり、利用者にとって、CHASE・VISITの活用が、価値あるものであることを理解していただくなど、今後、これら利用者にとっての負担増が利用控に繋がらないような工夫が必要である旨。CHASE・VISITの活用をはじめ、実践現場でのエビデンスを構築する場面では、介護福祉士の専門性が生かされる場面が多くあると考える。介護福祉士の役割や責任について、今後も検討いただきたい旨。発言しました。

また、繰り返しになるが、グループホームの夜勤配置やユニットケアの定員、介護職員等特定処遇改善加算の分配方法をはじめとした今回の報酬改定の効果検証を行い、次につなげて頂くよう、よろしくお願いしたい旨。等について発言しました。
New! 2021/01/18(月)
『介護の特定技能評価試験学習テキスト』修正について
『介護の特定技能評価試験学習テキスト』〔インドネシア語版〕の訳出に一部過誤がありました。
Web上にて公開しております「にほんごをまなぼう」( https://aft.kaigo-nihongo.jp/rpv/ )につきましては既に修正が完了しております。(「正誤表」あり。)
該当する方には、お手数をお掛けしますが、ご確認よろしくお願いいたします。
New! 2021/01/13(水)
令和3年1月13日。藤野常任理事が第198回社会保障審議会介護給付費分科会に出席しました。
今回の介護給付費分科会では、田村憲久厚生労働大臣から令和3年度介護報酬改定における運営基準改正案が諮問され、了承されました。

藤野常任理事は、冒頭で、令和3年1月7日付で厚生労働大臣に対して提出した新型コロナウイルス対応に関する要望書に触れ、奮闘されている医療現場のすぐ近くに介護現場は存在しており、医療崩壊とともに介護崩壊も近づいているという危機感を持っている。現場が持ち堪えられるよう、衛生用品の安定的供給体制の確保や、ワクチンの優先接種に関して、引き続き支援をお願いしたい旨。発言しました。

今回示された、指定居宅サービス等の事業の人員、設備及び運営に関する基準等の改正の主な内容に係る資料については、介護現場では、従来より人材不足が深刻だが、この状況の中、深刻さが増しているとしたうえで、今回の介護報酬改定においても様々な対策がなされ、ユニットケアの定員を15名までとしたこと、GHの夜勤配置の緩和は、いずれも人材確保や人材の有効活用、職場定着を目的とした施策の1つである。しかし、現場において、目的と施行内容とがしっかりリンクしなければ、適切な運用とはならない。日々利用者と向き合う介護職の負担感が増すことにならないよう、有効な人材確保策となるよう、丁寧な説明が必要である旨。また、今回の改正では、感染症対策、高齢者虐待防止の推進など、指針の作成や研修などが求められるものがいくつかある。大変重要な取組と考えるが、導入においては、現場の負担は大きい。既に国からそれぞれガイドラインが示されているが、改正に合わせて再度周知するなど、現場が取り組みやすい環境整備を引き続き、よろしくお願いしたい旨。発言しました。

さらに、今後も、より実効性のある人材確保策について政府・関係団体とともに議論していただき、介護現場の適切な評価・処遇についても、引き続き強力に後押しいただきたい旨。等について発言しました。
New! 2021/01/08(金)
2021新春メッセージ[YouTube](ソーシャルケアサービス研究協議会)
当会を含む福祉専門職能団体ほか、福祉専門職養成団体、福祉系学会等が参画するソーシャルケアサービス研究協議会(白澤政和代表)では、例年開催していた新年賀詞交歓会に替えて、超党派の「地域共生社会推進に向けての福祉専門職支援議員連盟」役員の国会議員の方々と、新年を祝うメッセージ動画を作成しました。是非ご視聴ください。
New! 2021/01/08(金)
令和3年1月7日に緊急事態宣言が発出されたことを踏まえ、都道府県等に対して事務連絡通知が発出されました。
令和3年1月7日に緊急事態宣言が発出されたことを踏まえ、都道府県等に対して事務連絡通知が発出されましたので共有します。

既に発出されている「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」(令和2年3月28日(令和3年1月7日変更))にあるように、「高齢者、障害者など特に支援が必要な方々の居住や支援に関するすべての関係者(生活支援関係事業者)」については、事業の継続を要請するものとされており、引き続き、介護サービス事業所が提供する各種サービスについては、利用者の方々やその家族の生活を継続する観点から、十分な感染防止対策を前提として、利用者に対して必要な各種サービスが継続的に提供されることが重要との趣旨によるものと承知しているところです。
ぜひ、ご確認ください。
New! 2021/01/08(金)
事務局の電話受付時間について
今般の新型コロナウイルス感染症拡大による緊急事態宣言を受け、当面の間、弊会事務局の電話受付時間を以下のとおりとさせていただきます。

平日10時から16時まで

なお、テレワークも実施しているため、ご不便をお掛けすることもございますが、ご了承のほどお願いいたします。
New! 2021/01/07(木)
令和3年1月7日付で、厚生労働大臣に対し、要望書を提出致しました。
令和3年1月7日付で、厚生労働大臣に対し、要望書を提出致しました。
要望の内容は、大きく
1 マスク、手袋、ガウン等の衛生用品の安定的供給体制の確保
2 介護福祉士を含む介護従事者等へのワクチンの優先接種
の2点です。


ぜひ、内容のご確認をお願い申し上げます。
New! 2021/01/06(水)
令和2年12月2日。介護福祉士資格をテーマとした、第3回「地域共生社会推進に向けての福祉専門職支援議員連盟」総会が開催されました。
令和2年12月2日に開催された、第3回「地域共生社会推進に向けての福祉専門職支援議員連盟」総会~テーマ;介護福祉士資格の社会的評価の定着に向けて~の動画がアップされましたので共有します。
New! 2020/12/24(木)
新規国試対策テキスト『外国人のための介護福祉士国家試験一問一答〔日本語版〕』を公開しました。
本年度開発、新規テキストとして『外国人のための介護福祉士国家試験一問一答』をリリースしました。テキストは、国際介護人材支援Webサイト「にほんごをまなぼう」にて公開しています。
国試過去問を中心に一問一答形式にて、科目別に700超の問題を収載しました。日本語監修を入れ、解説には補足情報や学習のポイントをわかりやすく図表にて掲載しています。
介護福祉士を目指す、外国人の皆様はもちろん、日本人受験者の皆様も、試験対策総仕上げとして、是非、本テキストをご活用ください。先ずは、本年度の国試に間に合うよう日本語版のみ先行リリースしました。翻訳版は今暫くお待ち下さい。

なお、Web上での無料公開(ダウンロード、プリントアウト可)となっており、製本、販売しておりません。
New! 2020/12/23(水)
令和2年12月23日。令和3年度介護報酬改定に関する審議報告が公表されました
令和3年度介護報酬改定に向け、本年3月から22回にわたり開催された介護給付費分科会での議論を踏まえ、令和3年度介護報酬改定に関する基本的な考え方と、それを踏まえた主な改定内容が報告書としてまとめられ、厚生労働省のHPに掲載されましたので、共有します。

今後は、この内容と、12月17日に決定された「プラス0.70%」の介護報酬改定率とを踏まえて、具体的な単位数・基準設定の議論が行われることになります。

皆様、ぜひ、報告書の内容をご確認ください。

ページ先頭へ