トピックス一覧

[ 全 381件 ]

New! 2016/06/23(木)
専門誌『介護福祉士』への論文を募集しています。
詳細につきましては、日本介護学会情報をご覧ください。
New! 2016/06/15(水)
平成28年6月15日、及川副会長が第130回社会保障審議会介護給付費分科会に出席しました。
平成28年6月15日、及川副会長が第130回社会保障審議会介護給付費分科会に出席しました。及川副会長は資料4「ニッポン一億総活躍プラン(抄)」において示されている介護記録のICT化を通じて業務分析・標準化するとの施策に対し、ICT化はこれからとても必要なことである。是非、どの事業所にも浸透するように、費用面の課題を考慮するなど、導入のしやすさ等について検討してほしい旨発言をしました。また、様々な福祉サービスにかかる設置基準や人員配置基準の見直し、報酬体系の見直しを検討との施策に対し、制度の枠組み等や、実際に介護職に求められるようになってきている役割等を十分にふまえた上で、見直しの検討を行うべきである旨発言をしました。

主な議題は以下のとおり。
1.平成28年度介護従事者処遇状況等調査について
2.その他
New! 2016/06/10(金)
石本会長、及川副会長が厚生労働省を訪問しました。
6月10日、石本会長、及川副会長が厚生労働省を訪問し、石井淳子社会・援護局長、三浦公嗣老健局長、藤井康弘障害保健福祉部長と意見交換を行いました。また、その他の関係部局にも訪問し、意見交換を行いました。
石井社会・援護局長からは、今回の熊本地震に係る避難所等への介護人材の派遣について、発災直後から派遣を継続していることに対する謝辞をいただきました。また、この介護人材の派遣が、熊本県介護福祉士会が日頃から行政機関等と緊密な関係を築いているからこそ実現できたことに言及され、「同様の関係を全国の都道府県支部にも築いていただきたい」と要請されました。
New! 2016/06/09(木)
(随時更新)熊本県をはじめとする九州地域における震災への当会の対応について
今回の震災に対する当会の対応について、本ホームページにて順次お伝えいたします。

6月9日
 日本介護福祉士会の災害救援ボランティアの派遣者数は、延べ600名を超えました。
 多くの皆様のご協力に心から感謝を申し上げます。
 日本介護福祉士会としては、これまでの大規模な災害救援ボランティアの派遣を6月末日まで行い、それ以降は、熊本県内の職能団体等の連携の中で、熊本県介護福祉士会が、地域に根差した活動を展開していくことを想定しているところです。
 とはいえ、大規模な災害救援ボランティアの派遣は半月以上ございます。引き続きの皆様のご理解ご協力をお願い申し上げます。

5月23日
 発災から1か月が経過しましたが、特に避難所における災害救援ボランティア(介護福祉士)に対するニーズは高く、引き続きの災害救援ボランティアの派遣の要請を受けています。
 地域における要配慮高齢者等へ対応する体制整備(地域で支える体制整備)の状況を見据えながら、適切に災害救援ボランティアの派遣を行ってまいります。

5月10日
 当会では現在も継続して災害救援ボランティアを派遣しています。
 施設・事業所については他の団体との連携により充足しつつありますが、依然として避難所の介護福祉士会へのニーズは高く、今後は避難所を中心として現地のニーズに対応した災害救援ボランティアの派遣を行ってまいります。

4月25日
 熊本県現地災害対策本部に日本介護福祉士会事務局スタッフを派遣しました。
 これまでは、県からの要請に応じ、介護保険施設・事業所等への介護福祉士の派遣を行ってまいりましたが、今後は、行政機関等と連携しながら、避難所等における介護ニーズの要請にも対応してまいります。

4月22日
 都道府県介護福祉士会及び理事・監事に対し下記リンクの文書を送付しましたので報告いたします。(熊本地震に対する当会の対応について(4月22日))
 本日、テレビ東京系列「ワールドビジネスサテライト(WBS)」の中で、当会の災害救援ボランティア募集に関する取り組みが、内田千惠子副会長へのインタビューと共に放映されました。

4月21日
 ボランティア派遣の要請に備え、災害救援ボランティア募集を開始いたしました。
 また、義援金の募集を開始いたしました。

4月19日
 現在、熊本県高齢者支援課から、緊急時対応としての介護福祉士の派遣要請を受け、介護保険施設・事業所に介護福祉士会会員を派遣しています。
また、本日、厚生労働省から、「被災地への介護福祉士(介護従事者)の派遣について(依頼)」の事務連絡文書が届きました(リンク参照)。
 今後、公式に災害救援ボランティアの派遣依頼が見込まれます。
 その際には、災害救援ボランティアに登録されている方に対し、お声をかけさせていただくことになると思いますので、宜しくお願いします。

4月18日
 都道府県介護福祉士会及び理事・監事に対し下記リンクの文書を送付しましたので報告いたします。(熊本県をはじめとする九州地域における震災への対応について(4月18日))

4月16日
 当会では4月15日に災害救援対策本部(災害救援対策本部長、会長石橋、災害救援対策本部副部長、常任理事舟田、現地災害救援対策本部長、石本熊本県介護福祉士会会長)を立ち上げ、情報収集及び災害ボランティア派遣の準備を進めています。
 この準備が整備され次第、受け入れ体制等を確認したうえで、適宜、災害ボランティアの派遣要請に対応してまいります。
 災害ボランティアとして登録されている方については、正式な災害ボランティアの要請があった段階でお声かけさせていただくことになりますので、その際には宜しくお願いします。

4月15日
 九州ブロックの常任理事を中心に、被災各県と連絡をとり、被災状況や自治体等関係団体との連携状況について情報収集を行って、正副会長、常任理事、災害対策検討委員会と情報を共有しました。
 なお、4月15日時点では、介護福祉士のボランティア派遣に対する現地からの要請はありません。
 熊本県をはじめとする九州地域における震災に対し、当会では災害対策検討委員会及び正副会長、常任理事を中心として、被災地域の各支部や関係団体から情報を収集し、今後の対応について協議しています。新たな動き等については、ホームページを通じて継続的にお知らせいたします。
New! 2016/06/03(金)
平成28年6月3日 内田理事が第59回社会保障審議会介護保険部会に出席しました。
主な議題は以下の通り

1. 介護人材の確保
2. その他の課題①
New! 2016/06/03(金)
第129回社会保障審議会介護給付費分科会 資料
第129回社会保障審議会介護給付費分科会資料の続きを添付いたします。
New! 2016/06/03(金)
第129回社会保障審議会介護給付費分科会 資料
第129回社会保障審議会介護給付費分科会資料の続きを添付いたします。
New! 2016/06/03(金)
平成28年6月1日 内田理事が第129回社会保障審議会介護給付費分科会に出席しました。
主な議題は以下の通り

1. 平成27年度の改定検証調査の最終報告について
2. 平成28年度の改定研修調査の調査項目について
New! 2016/05/25(水)
平成28年5月25日 内田副会長が第58回社会保障審議会介護保険部会に出席しました
主な議題は以下のとおり

1、地域支援事業の推進
2、介護予防の推進
3、認知症施策の推進
New! 2016/05/24(火)
平成28年度「ひもときシートを活用した認知症ケアの気づきを学ぶ研修」実践者コースのご案内
認知症介護研究・研修東京センターより、平成28年度実践者コースのご案内がございます。
詳細はPDFをご参照ください。

ページ先頭へ