トピックス一覧

[ 全 556件 ]

2017/03/28(火)
第29回介護福祉士国家試験合格発表について
3月28日、厚生労働省から、社会福祉士及び介護福祉士法(昭和62年法律第30号)に基づき実施した第29回介護福祉士国家試験の結果等が発表されました。

○試験結果概要
・受験者数 76,323人
・合格者数 55,031人(合格率72.1%)
・介護福祉士登録者 1,495,984人(平成29年2月末現在)

(参考)経済連携協定(EPA)に基づく外国人介護福祉士候補者の試験結果概要
・受験者数 209人
・合格者数 104人(合格率49.8%)
2017/03/28(火)
平成29年3月28日、石本会長が第10回社会保障審議会福祉部会福祉人材確保専門委員会に出席しました。
石本会長は、介護人材に関する議論のなかで、チームリーダーを育成するために必要とされる教育内容について、限定列挙するのではなく、今後の議論に対応できるようにしていただきたい旨。入門的研修について、人材育成のための教育は必要であるが、乱立することがないよう丁寧に整理いただきたい旨。等を発言しました。
2017/03/27(月)
平成29年3月27日、厚生労働省が特別養護老人ホームへの入所待機者数を公表しました。
厚生労働省の調査結果によると、平成28年4月1日時点における入所待機者は、全体で36.6万人を超え、うち要介護3以上の者は約29.5万人、認知症でやむを得ない人など、要介護2以下の者は約7万人とされています。
2017/03/23(木)
倉吉市長よりお礼状をいただきました。
倉吉市長より鳥取県中部地震にかかる支援活動に対し、お礼状をいただきましたので、報告させていただきます。
2017/03/21(火)
平成29年3月21日、厚生労働省は、平成27年度高齢者虐待等に関する調査結果を公表しました。
 厚生労働省の調査によると、高齢者虐待と認められた件数は、養介護施設従事者等によるものが平成27年度で408件(前年度比で108件増加)、養介護施設従事者等による市町村への相談・通報件数は、1,640件(前年度比で520件増加)、との結果が示されています。
 なお、養介護施設従事者等による高齢者虐待の発生要因として「教育・知識・介護技術等に関する問題」が全体の65.6%を占めており、教育・知識・介護技術等を備えた専門性を備えた介護職員による介護福祉の実践の重要性が浮き彫りにされています。
2017/03/21(火)
平成29年3月21日 定例理事会(3月)を開催しました。
理事会では、認定介護福祉士養成研修の推進や、地域ケア会議への介護福祉士の参画促進、その他介護福祉士を取り巻く環境に合わせた各種事業が盛り込まれた事業計画(案)のほか、平成29年度収支予算(案)及び諸規定の制定と改定に関する議案についても出席理事全員一致で承認されました。

議案は次の通り。
審議事項
 第1号議案 平成29年度事業計画(案)
 第2号議案 平成29年度収支予算(案)
 第3号議案 諸規定の制定と改定
報告事項
2017/03/16(木)
平成29年3月16日、宮崎理事が高齢消費者・障害消費者見守りネットワーク連絡協議会第13回会合に出席しました。
高齢消費者・障害消費者に関係する団体として、宮崎理事が会合に出席しました。 
各団体より、見守り活動に関する取り組み状況や課題について報告がなされた後に、
「高齢者、障害者の消費者トラブル防止のため、積極的な情報発信を行う」
「多様な主体が緊密に連携して、消費者トラブルの防止や「見守り」に取り組む」
「効果的な情報発信、消費者教育・啓発の取組に積極的に参画する」
「活動状況を定期的に検証し、必要に応じた支援を地方自治体に働きかける」
以上4項目について、合意がなされました。
2017/03/01(水)
平成29年3月1日 第6回常任理事会を開催しました。
主な議題は以下のとおり

1 来年度の全国都道府県介護福祉士会会長会の実施方針
2 各種PT関係の確認事項
3 地域ケア会議の参画推進策
4 ブロック活動の運営費の使途等
5 理事会資料
6 その他
2017/02/27(月)
平成29年2月27日。石本会長が第71回社会保障審議会介護保険部会に出席しました。
 石本会長は、第7期介護保険事業(支援)計画に係る基本方針について、「人材確保」に当たっては、実効性を伴わせることが重要であるが、その際、数の確保に偏るのではなく、質の確保にも、しっかり取り組むことを期待したい旨等を発言しました。
2017/02/27(月)
平成29年2月27日。石本会長が、馬場成志厚生労働大臣政務官を訪問しました。
 石本会長は、厚生労働省の馬場政務官を訪問しました。馬場政務官は、我が国の介護を取り巻く課題のほか、日本介護福祉士会の取組についても関心をもって耳を傾けてくださいました。馬場政務官からは、ともかく熱意をもって、一つひとつ丁寧に取り組んでほしいとの激励のメッセージをいただきました。

ページ先頭へ