トピックス一覧

[ 全 601件 ]

2009/02/23(月)
(財)社会福祉振興・試験センター主催の平成21年度介護福祉士海外研修・調査事業に関するご案内
(財)社会福祉振興・試験センター主催の平成21年度介護福祉士海外研修・調査事業に関するご案内

平成21年度の標記海外研修・調査事業の参加者を募集しています。
詳細は下の実施要綱をご覧下さい。

※参加申込締切:平成21年5月8日(金)必着
2009/02/20(金)
公開シンポジウム【災害現場における要援護者の自立支援と介護予防】開催報告
公開シンポジウム【災害現場における要援護者の自立支援と介護予防】開催報告

「災害現場における要援護者の自立支援と介護予防」と題しての公開シンポジウムは1月31日に、神奈川県・ウイリング横浜に於いて開催いたしました。

第1部は「災害時要援護者の支援を考える~新潟県中越沖地震の体験を通して~」と題し、新潟大学災害復興科学センター准教授の田村圭子氏による講演。水害があった三条市に於ける、当時の被害の様子をとても分かりやすく説明頂き、介護支援の必要性を再認識しました。

第2部は「災害現場における要援護者の自立支援と介護予防~伝えたい!…新潟県中越沖地震における介護支援ボランティアの体験を通して~」と題してシンポジウムを行いました。サブタイトルの思いそのままに、介護支援ボランティアを代表して7名のシンポジストの『伝えたい…』熱い気持ちが、聴く方々の心に伝わって、前にいる私たちに温かい眼差しとなって注がれているのを感じました。

公開シンポジウムと併行して、災害マニュアルの作成も3月末の完成へと着々と作業が進んでいることをこの場をお借りして報告いたします。

介護の専門職である介護福祉士から、今後、様々な角度で介護を広く知っていただく為にも、私たち、日本介護福祉士会介護支援ボランティアは「災害時の介護福祉士の専門性を考える」活動を展開していきたいと考えています。

今回、シンポジウムにご参加いただきました皆様、ご協力頂きました各関係機関・団体の方々に心から感謝を申し上げます。
介護福祉士の専門性を活かした被災者対応マニュアル作成等事業委員会

<この事業は、平成20年度社会福祉推進費補助金事業の一環として実施しました。>
2009/02/09(月)
魅力ある介護の現場を創造するために~介護現場の労働環境改善のためのシンポジウム~
魅力ある介護の現場を創造するために 
~介護現場の労働環境改善のためのシンポジウム~

介護報酬の21年改定により、処遇改善に係る各サービスの見直しがなされ、障害者自立支援法についても今後検討がすすめられて行く今、既に実施されている取り組みを踏まえ、今後の課題を明らかにし、魅力ある介護の職場を創造するために標記シンポジウムを実施いたします。

今回の介護報酬改定のポイントの介護従事者の処遇改善に関する講演もございますので皆様奮ってご参加下さい。

日    時     平成21年3月15日(日)13:00~17:00
会    場     KFC Hall Annex (東京都墨田区)
定    員     200名
参 加 費      無料
2009/01/20(火)
都道府県介護福祉士会の一般社団法人設立の取り組みについて
都道府県介護福祉士会の一般社団法人設立の取り組みについて

平成20年12月1日より公益法人制度改革関連3法が施行され、都道府県介護福祉士会が法人格の取得に取り組んでいます。

・平成20年12月12日兵庫県介護福祉士会が一般社団法人として設立いたしました。

・平成20年12月1日静岡県介護福祉士会が一般社団法人として設立 いたしました。

・平成20年12月1日神奈川県介護福祉士会が一般社団法人として設立いたしました。
2008/12/11(木)
公開シンポジウム【災害現場における要援護者の自立支援と介護予防~伝えたい!・・・新潟県中越沖地震における介護支援ボランティアの体験を通して】について
平成21年1月31日(土)ウィリング横浜(神奈川県)において、公開シンポジウムを開催いたします。

平成19年に起きた中越沖地震、平成16年の中越地震、平成7年の阪神・淡路大震災での活動経験を有するシンポジストが出席し、災害現場での介護専門職としての役割の明確化について議論します。

皆様、是非ふるってご参加ください。

【日程】  平成21年1月31日(土)
【会場】  ウィリング横浜(神奈川県横浜市港南区上大岡)
【定員】  200名
【参加費】 無料
2008/12/11(木)
平成21年度介護報酬見直しにあたっての要望書の提出について
平成21年度介護報酬見直しにあたっての要望書の提出について

既に「活動報告 名誉会長の動向」でお知らせしているところですが、平成20年11月27日に標記要望書を提出したしましたので、改めてお知らせいたします。
2008/12/10(水)
第6回介護学会は盛況のうちに終了いたしました
平成20年12月6日、7日の2日間にわたって富山観光ホテル(富山県)において開催いたしました第6回介護学会は盛況のうちに終了いたしました。

ご参加いただきました皆様、ご協力いただきました各関係者の方々に感謝申し上げます。
2008/11/05(水)
「介護の日」ひろめ隊について
「介護の日」ひろめ隊について

日本介護福祉士会は11月11日の「介護の日」制定を記念いたしまして、30の都府県において「介護の日」ひろめ隊が「介護の日」の周知活動や介護相談等を実施いたします。

皆様、「介護の日」の周知に是非ともご協力ください。
2008/10/16(木)
災害救援に関するシンポジウム開催延期のお知らせ
災害救援に関するシンポジウム開催延期のお知らせ

日介ニュースVOL.88に掲載しております災害救援に関するシンポジウムは、平成20年11月16日に開催予定でしたが、延期いたします。
日程については決定次第ホームページに掲載いたします。
2008/10/02(木)
人材確保対策における全国集会について
人材確保対策における全国集会について

「介護福祉士は訴える これでいいのか日本の介護!!~介護現場から介護保険は崩壊する~」と題して9月29日に東京メルパルクホール(東京都港区)において全国集会を開催いたしました。
全国から介護従事者や介護・福祉関係団体、報道機関など約1000人にお集まりいただき、社会的意義の大きな集会となりました。

第1部「現場からの声」では全国の介護福祉士から代表して、静岡の大石和子氏、大阪の板坂直人氏、岡山の日笠沙奈恵氏、福岡の江口賀子氏、また学生の立場から森川靖之氏の5名がそれぞれの持つ厳しい現状を訴えていただきました。
政党からのメッセージでは自民党衞藤晟一議員、公明党桝屋敬悟議員、民主党大河原雅子議員、日本共産党小池晃議員、社民党福島みずほ議員にご出席いただき、介護人材確保対策について様々なメッセージをいただきました。国民新党自見庄三郎議員より発言趣旨をいただき、司会沖藤典子氏によって読み上げられました。さらに民主党菅直人議員より応援電報もいただきました。

第2部シンポジウムは、コーディネーターに上智大学大学院栃本一三郎教授、作家・介護ジャーナリスト沖藤典子氏に、シンポジストに厚生労働省老健局振興課課長土生栄二氏、東京家政大学名誉教授樋口恵子氏、(社)全国老人保健施設協会常務理事平川博之氏を招き、当会会長石橋真二も参加し行われました。

集会の終盤、都道府県支部長が壇上にあがり、参加者の方々と一緒に声明文を読み上げました。先に集めた17万7017筆(9月26日現在)の署名とともに国会や官庁に危機を訴えていくことを確認して幕を閉じました。

ご協力いただきました先生や関係団体の皆様、参加・署名にご協力いただきました皆様、感謝申し上げます。

※この件は日介ニュースVol.88(10月15日号)でも掲載する予定です。

ページ先頭へ