令和3年3月24日。藤野常任理事が第200回社会保障審議会介護給付費分科会に出席しました。

お知らせ

令和3年3月24日。藤野常任理事が第200回社会保障審議会介護給付費分科会に出席しました。

今回の介護給付費分科会では、平成30年度介護報酬改定の効果検証及び調査研究に係る調査(令和2年度調査)の結果、及び、令和3年度介護報酬改定の効果検証及び調査研究に係る調査(令和3年度調査)の進め方及び実施内容等について議論が行われました。

藤野常任理事は、令和3年度介護報酬改定の効果検証及び調査研究の関連で、個室ユニット型施設の入居定員の見直しや、認知症グループホームの例外的な夜勤体制の緩和について、ケアの質が維持され、職員に過度な負担がかかっていないか検証することに加え、たとえ効率的な運営が出来たとしても、職員の配置など、ユニットケア本来の良さが損なわるべきではなく、その点からも検証を行っていただきたい旨。また、ケアの質の低下や職員への過度な負担を避けるために、どのような工夫がなされているか見えてくるような調査をしていただきたい旨。発言しました。

また、特定処遇改善加算について、今年度日本介護福祉士会で行った就労実態調査では、特定処遇改善加算に係る項目も盛り込んだ。その中で、算定開始時期・見込みにおいて、「既に算定されている」「現在は算定されていないが、算定する予定がある」を選択した方を対象として、介護職員等特定処遇改善加算による給与改善の有無を尋ねた。結果は、「給与増額があった」が51.5%で最も高く、半数を超えている一方、「給与増額はない」は17.6%と約2割となってる。また、「給与増額があった」を回答した方の1か月あたりの給与増額は、2万円台以下が全体の約7割を占めており、全体の平均額は16,954.1円だった。今回、事業所がより活用しやすい仕組みとするため、配分ルールの柔軟化が行われるが、本来特定処遇改善加算は、厚労省が示している富士山型の人材構造への後押しであるべきであり、その効果が薄まっていないかも調査すべきである。経営側と働く側の両者にアンケートを実施した場合、見え方が違ってくることが考えられ、調査にあっては、介護現場からの声を拾うことも必要と考えている旨。等について発言しました。

資料のリンク

写真

お知らせ

介護の特定技能評価試験学習テキスト』修正について

『介護の特定技能評価試験学習テキスト』〔インドネシア語版〕の訳出に一部過誤がありました。
Web上にて公開しております「にほんごをまなぼう」( https://aft.kaigo-nihongo.jp/rpv/ )につきましては既に修正が完了しております。(「正誤表」あり。)
該当する方には、お手数をお掛けしますが、ご確認よろしくお願いいたします。

「にほんごをまなぼう」

お知らせ

国際介護人材支援Webサイト「にほんごをまなぼう」メジャーアップデートのお知らせ(厚生労働省 介護の日本語学習支援等事業)

学習者の自律学習、ドロップアウト防止策として開発したデジタルインセンティブ(新しい学習目標管理)機能を実装しました。
サイト内の日本語学習コンテンツ(「日本語を学ぶ」カテゴリー)での学習において、サイトログインやセルフ目標の達成に応じてボーナス(水・肥料)を手に入れることができます。
月毎の達成度に応じて、花が育ち、条件を全てクリアすると開花します。見事、花を咲かせることができると、素敵な「花言葉」も表示されます。先ずは学習目標を設定し、トライしてみてくださいね。

※(既ユーザーの皆様へ)今リリースに伴い、これまでの学習目標がリセットされます。お手数をお掛けしますが、再設定等の対応をお願いします。

写真1
写真2