【オンライン研修】令和3年度リーダー研修会(後期)講師養成特別講座の申込受付を開始しました

募集

【オンライン研修】令和3年度リーダー研修会(後期)講師養成特別講座の申込受付を開始しました

令和3年度リーダー研修会(後期)講師養成特別講座の申込受付を開始しました。

後期については、サービス提供責任者研修講師養成研修介護福祉士基本研修講師養成研修ファーストステップ研修講師養成研修の3つの中からご選択いただいてのご受講となります。
重複してのご受講も可能ですが、ご受講費は各々必要となります。
各研修の要綱及びお申込みについては、研修会情報のページにてご確認ください。

 

お知らせ

ケアニン~あなたでよかった~ 無料オンライン上映会のご案内

日本介護福祉士会では、昨年度ご好評をいただきましたオンライン上映会を本年度は「介護の日」企画として開催することにいたしました。
多くの国民の皆さまに『介護』について理解を深めていただくため、『介護』について考える機会を提供する目的で企画しています。

上映映画は“ケアニン~あなたでよかった~”です。皆様のご応募お待ちしております。
日時:令和3年11月5日(金)~11月11日(木) ※期間中いつでもご覧いただけます。
参加費無料!先着2,000名様限定です。
お申し込み締め切りは10月31日(日)
※定員上限に達しましたら締め切りとさせて頂きます。

無料オンライン上映会の詳細&お申込みはこちら

映画「ケアニン~あなたでよかった~」公式サイトはこちら↓
http://www.care-movie.com/

お知らせ

九州ブロック役員候補者選出に関する告示

九州ブロック選出理事の補欠選挙結果について、以下の通り告示します。

 

・告示文書

役員候補者選出に関する告示

お知らせ

【受付終了】令和3年度の日本介護学会の発表研究

第19回日本介護学会で発表する研究の受付を終了しました。多数のご応募ありがとうございました。

必要書類を受付期限内(6月14日(月)まで)に所定の方法によりお送りください。

受付期限が近づいております。

多数のご応募をお待ちしております。

募集要項

 

募集する研究発表テーマ

・「コロナ、アフターコロナでの介護の在り方」

・「実践事例報告(認知症ケア、介護過程、多職種連携の在り方など)」

・その他(多様性のある介護人材のマネジメント、介護現場における機能分化の在り方など)

 

申込方法

「研究発表に際しての留意事項」をご確認の上、提出物の全てを受付期間内にメールにてご送付下さい。

これ以外の方法による申込み及び受付期間外の申込みは受理いたしませんので、予めご了承下さい。

研究発表に際しての留意事項

発表用抄録テンプレート

 

申込み必要書類(提出物)

研究発表申込書

共同研究者登録書

お知らせ

令和3年3月24日。藤野常任理事が第200回社会保障審議会介護給付費分科会に出席しました。

今回の介護給付費分科会では、平成30年度介護報酬改定の効果検証及び調査研究に係る調査(令和2年度調査)の結果、及び、令和3年度介護報酬改定の効果検証及び調査研究に係る調査(令和3年度調査)の進め方及び実施内容等について議論が行われました。

藤野常任理事は、令和3年度介護報酬改定の効果検証及び調査研究の関連で、個室ユニット型施設の入居定員の見直しや、認知症グループホームの例外的な夜勤体制の緩和について、ケアの質が維持され、職員に過度な負担がかかっていないか検証することに加え、たとえ効率的な運営が出来たとしても、職員の配置など、ユニットケア本来の良さが損なわるべきではなく、その点からも検証を行っていただきたい旨。また、ケアの質の低下や職員への過度な負担を避けるために、どのような工夫がなされているか見えてくるような調査をしていただきたい旨。発言しました。

また、特定処遇改善加算について、今年度日本介護福祉士会で行った就労実態調査では、特定処遇改善加算に係る項目も盛り込んだ。その中で、算定開始時期・見込みにおいて、「既に算定されている」「現在は算定されていないが、算定する予定がある」を選択した方を対象として、介護職員等特定処遇改善加算による給与改善の有無を尋ねた。結果は、「給与増額があった」が51.5%で最も高く、半数を超えている一方、「給与増額はない」は17.6%と約2割となってる。また、「給与増額があった」を回答した方の1か月あたりの給与増額は、2万円台以下が全体の約7割を占めており、全体の平均額は16,954.1円だった。今回、事業所がより活用しやすい仕組みとするため、配分ルールの柔軟化が行われるが、本来特定処遇改善加算は、厚労省が示している富士山型の人材構造への後押しであるべきであり、その効果が薄まっていないかも調査すべきである。経営側と働く側の両者にアンケートを実施した場合、見え方が違ってくることが考えられ、調査にあっては、介護現場からの声を拾うことも必要と考えている旨。等について発言しました。

資料のリンク

写真

お知らせ

介護の特定技能評価試験学習テキスト』修正について

『介護の特定技能評価試験学習テキスト』〔インドネシア語版〕の訳出に一部過誤がありました。
Web上にて公開しております「にほんごをまなぼう」( https://aft.kaigo-nihongo.jp/rpv/ )につきましては既に修正が完了しております。(「正誤表」あり。)
該当する方には、お手数をお掛けしますが、ご確認よろしくお願いいたします。

「にほんごをまなぼう」

お知らせ

国際介護人材支援Webサイト「にほんごをまなぼう」メジャーアップデートのお知らせ(厚生労働省 介護の日本語学習支援等事業)

学習者の自律学習、ドロップアウト防止策として開発したデジタルインセンティブ(新しい学習目標管理)機能を実装しました。
サイト内の日本語学習コンテンツ(「日本語を学ぶ」カテゴリー)での学習において、サイトログインやセルフ目標の達成に応じてボーナス(水・肥料)を手に入れることができます。
月毎の達成度に応じて、花が育ち、条件を全てクリアすると開花します。見事、花を咲かせることができると、素敵な「花言葉」も表示されます。先ずは学習目標を設定し、トライしてみてくださいね。

※(既ユーザーの皆様へ)今リリースに伴い、これまでの学習目標がリセットされます。お手数をお掛けしますが、再設定等の対応をお願いします。

写真1
写真2