介護福祉士会について

ABOUT US

入会について

職能団体に所属する意味

出演:日本介護福祉士会前会長 石本淳也

入会の手続き

日本介護福祉士会では、パートナー団体である都道府県介護福祉士会への同時入会をお願いしており、日本介護福祉士会への入会手続をすることで、併せて希望される都道府県介護福祉士会にも入会いただくことになります。

入会申込書の作成

請求窓口へ

  • 請求窓口か、日本介護福祉士会事務局宛にメール、電話、FAXで請求してください(電話:03-5615-9295、FAX:03-5615-9296)
  • 日本介護福祉士会と同時に、東京都・神奈川県・福岡県の介護福祉士会への入会をご希望の方は、それぞれの介護福祉士会事務局宛てにご請求をお願いします。
入会申込書等の送付
  • 必要事項をご記入の上、必要書類を、日本介護福祉士会事務局宛に送付してください。

(送付先)
112-0004 東京都文京区後楽1-1-13 小野水道橋ビル5階
公益社団法人日本介護福祉士会事務局 宛

会員登録
  • 会員に登録されましたら、登録の案内はがきを送付します。
  • 会費の入金確認後に会員証を郵送します。

都道府県介護福祉士会会員規則

会費について

日本介護福祉士会の会費(入会金と年会費)と、同時に入会いただいている都道府県介護福祉士会の会費の両方が必要となります。
日本介護福祉士会では、入会金が5,000円。年会費が3,000円となっており、都道府県介護福祉士会の会費は、こちらを参照してください。
ただし、介護福祉士養成施設や福祉系高等学校を卒業された翌年度中に入会される方は、入会金(5,000円)を免除致します。

FAQ

誰でも入会できるの?

介護福祉士資格があり、『介護福祉土の職業倫理及び専門性の確立、介護福祉に関する専門的教育及び研究の推進並びに介護に関する知識の普及を図り、介護福祉士の資質及び社会的地位の向上に資するとともに、国民の福祉の増進に寄与すること』とする日本介護福祉士会の目的に賛同いただける方であれば、誰でも入会できます。

資格登録と介護福祉士会への入会は別の手続が必要なの?

介護福祉士になるためには、介護福祉士国家試験に合格し、公益財団法人社会福祉振興・試験センター(厚生労働大臣の指定登録機関)に、介護福祉士として登録を受けなければなりません。介護福祉士会は、有資格者が自らの意思で加入する組織であり、資格登録した後に、改めて、介護福祉士会への入会手続をしていただく必要があります。

年会費は、いつからいつまでの会費なの?

4月1日から3月31日までの会費となります。ただし、年度途中の入会でも全額を納入いただくことになります。

いつでも入会できるの?

入会の要件を満たしている方であれば、いつでも入会できますが、年度途中の入会でも年会費を全額納入いただくことになります。なお、次年度からの入会を希望される場合は、日本介護福祉士会にお問い合わせください。

日本介護福祉士会と同時に入会する都道府県介護福祉士会は選択できるのですか?

都道府県介護福祉士会には、現住所地又は勤務先がある都道府県介護福祉士会に入会いただくことになっているため、状況によっては、所属する都道府県介護福祉士会を選択することができます。

入会申込書を投函してから、どのくらいで入会登録できるの?

不備がなければ、投函してから1・2週間で入会登録はできます。ただし、会員証は会費の入金確認後に送付するため、最長で3か月程度お待たせすることがあります。

会費の支払方法はどうなっているの?

会費のお支払いは原則として口座振替をお願いしています。なお、日本介護福祉士会と所属される都道府県介護福祉士会の会費は、まとめてお支払いいただいております。