トピックス一覧

TOPICS

トピックス一覧

お知らせ

【募集中】令和3年度の日本介護学会の発表研究(5月末まで)

19回日本介護学会で発表する研究を募集しています。

必要書類を受付期限内(5月末日まで)に所定の方法によりお申し込み下さい。

多数のご応募をお待ちしております。

募集要項

 

募集する研究発表テーマ

・「コロナ、アフターコロナでの介護の在り方」

・「実践事例報告(認知症ケア、介護過程、多職種連携の在り方など)」

・その他(多様性のある介護人材のマネジメント、介護現場における機能分化の在り方など)

 

申込方法

「研究発表に際しての留意事項」をご確認の上、提出物の全てを受付期間内にメールにて送付下さい。

これ以外の方法による申込み及び受付期間外の申込みは受理いたしませんので、予めご了承下さい。

研究発表に際しての留意事項

発表用抄録テンプレート

 

申込み必要書類(提出物)

研究発表申込書

共同研究者登録書

お知らせ

【募集中】専門誌『介護福祉士』への掲載論文(7月末まで)

実践現場のための専門誌『介護福祉士』への掲載論文は、随時募集しています。

論文の投稿をご希望の会員におかれましては、「投稿規程」及び「執筆要領」をご参照のうえ、お申し込みください。
論文の掲載の可否については、査読委員による査読及び編集委員会による掲載論文の決定の後、お申し込みいただいた全ての方に通知いたします。

第27号への掲載申込みは、令和3年7月末日までとしています。

皆様からのご応募をお待ちしております。

編集規程
投稿規程
専門誌抄録用紙
研究倫理チェックリスト
執筆要領

お知らせ

厚生労働大臣によるお詫びメッセージ

今般の厚生労働省老健局職員の会食事案について、別添のとおり厚生労働大臣よりお詫びのメッセージが発出されましたので共有します。

【事務連絡】厚生労働省老健局職員の会食事案について

お知らせ

事務局の電話受付時間について

令和3年度がはじまりました。

当会事務局の電話受付時間は、平日10時から18時までとさせていただきます。

ただし、テレワークも導入している関係上、電話が繋がりにくい場合もございます。

その際には、webmaster@jaccw.or.jp へメールにてお問い合わせ願います。

皆様のご理解ご協力をよろしくお願い申し上げます。

お知らせ

令和3年3月24日。藤野常任理事が第200回社会保障審議会介護給付費分科会に出席しました。

今回の介護給付費分科会では、平成30年度介護報酬改定の効果検証及び調査研究に係る調査(令和2年度調査)の結果、及び、令和3年度介護報酬改定の効果検証及び調査研究に係る調査(令和3年度調査)の進め方及び実施内容等について議論が行われました。

藤野常任理事は、令和3年度介護報酬改定の効果検証及び調査研究の関連で、個室ユニット型施設の入居定員の見直しや、認知症グループホームの例外的な夜勤体制の緩和について、ケアの質が維持され、職員に過度な負担がかかっていないか検証することに加え、たとえ効率的な運営が出来たとしても、職員の配置など、ユニットケア本来の良さが損なわるべきではなく、その点からも検証を行っていただきたい旨。また、ケアの質の低下や職員への過度な負担を避けるために、どのような工夫がなされているか見えてくるような調査をしていただきたい旨。発言しました。

また、特定処遇改善加算について、今年度日本介護福祉士会で行った就労実態調査では、特定処遇改善加算に係る項目も盛り込んだ。その中で、算定開始時期・見込みにおいて、「既に算定されている」「現在は算定されていないが、算定する予定がある」を選択した方を対象として、介護職員等特定処遇改善加算による給与改善の有無を尋ねた。結果は、「給与増額があった」が51.5%で最も高く、半数を超えている一方、「給与増額はない」は17.6%と約2割となってる。また、「給与増額があった」を回答した方の1か月あたりの給与増額は、2万円台以下が全体の約7割を占めており、全体の平均額は16,954.1円だった。今回、事業所がより活用しやすい仕組みとするため、配分ルールの柔軟化が行われるが、本来特定処遇改善加算は、厚労省が示している富士山型の人材構造への後押しであるべきであり、その効果が薄まっていないかも調査すべきである。経営側と働く側の両者にアンケートを実施した場合、見え方が違ってくることが考えられ、調査にあっては、介護現場からの声を拾うことも必要と考えている旨。等について発言しました。

資料のリンク

写真

お知らせ

【募集中】令和3年度の日本介護学会の発表研究(5月末まで)

19回日本介護学会で発表する研究を募集しています。

必要書類を受付期限内(5月末日まで)に所定の方法によりお申し込み下さい。

多数のご応募をお待ちしております。

募集要項

 

募集する研究発表テーマ

・「コロナ、アフターコロナでの介護の在り方」

・「実践事例報告(認知症ケア、介護過程、多職種連携の在り方など)」

・その他(多様性のある介護人材のマネジメント、介護現場における機能分化の在り方など)

 

申込方法

「研究発表に際しての留意事項」をご確認の上、提出物の全てを受付期間内にメールにて送付下さい。

これ以外の方法による申込み及び受付期間外の申込みは受理いたしませんので、予めご了承下さい。

研究発表に際しての留意事項

発表用抄録テンプレート

 

申込み必要書類(提出物)

研究発表申込書

共同研究者登録書

お知らせ

【募集中】専門誌『介護福祉士』への掲載論文(7月末まで)

実践現場のための専門誌『介護福祉士』への掲載論文は、随時募集しています。

論文の投稿をご希望の会員におかれましては、「投稿規程」及び「執筆要領」をご参照のうえ、お申し込みください。
論文の掲載の可否については、査読委員による査読及び編集委員会による掲載論文の決定の後、お申し込みいただいた全ての方に通知いたします。

第27号への掲載申込みは、令和3年7月末日までとしています。

皆様からのご応募をお待ちしております。

編集規程
投稿規程
専門誌抄録用紙
研究倫理チェックリスト
執筆要領

お知らせ

厚生労働大臣によるお詫びメッセージ

今般の厚生労働省老健局職員の会食事案について、別添のとおり厚生労働大臣よりお詫びのメッセージが発出されましたので共有します。

【事務連絡】厚生労働省老健局職員の会食事案について

お知らせ

事務局の電話受付時間について

令和3年度がはじまりました。

当会事務局の電話受付時間は、平日10時から18時までとさせていただきます。

ただし、テレワークも導入している関係上、電話が繋がりにくい場合もございます。

その際には、webmaster@jaccw.or.jp へメールにてお問い合わせ願います。

皆様のご理解ご協力をよろしくお願い申し上げます。

お知らせ

令和3年3月24日。藤野常任理事が第200回社会保障審議会介護給付費分科会に出席しました。

今回の介護給付費分科会では、平成30年度介護報酬改定の効果検証及び調査研究に係る調査(令和2年度調査)の結果、及び、令和3年度介護報酬改定の効果検証及び調査研究に係る調査(令和3年度調査)の進め方及び実施内容等について議論が行われました。

藤野常任理事は、令和3年度介護報酬改定の効果検証及び調査研究の関連で、個室ユニット型施設の入居定員の見直しや、認知症グループホームの例外的な夜勤体制の緩和について、ケアの質が維持され、職員に過度な負担がかかっていないか検証することに加え、たとえ効率的な運営が出来たとしても、職員の配置など、ユニットケア本来の良さが損なわるべきではなく、その点からも検証を行っていただきたい旨。また、ケアの質の低下や職員への過度な負担を避けるために、どのような工夫がなされているか見えてくるような調査をしていただきたい旨。発言しました。

また、特定処遇改善加算について、今年度日本介護福祉士会で行った就労実態調査では、特定処遇改善加算に係る項目も盛り込んだ。その中で、算定開始時期・見込みにおいて、「既に算定されている」「現在は算定されていないが、算定する予定がある」を選択した方を対象として、介護職員等特定処遇改善加算による給与改善の有無を尋ねた。結果は、「給与増額があった」が51.5%で最も高く、半数を超えている一方、「給与増額はない」は17.6%と約2割となってる。また、「給与増額があった」を回答した方の1か月あたりの給与増額は、2万円台以下が全体の約7割を占めており、全体の平均額は16,954.1円だった。今回、事業所がより活用しやすい仕組みとするため、配分ルールの柔軟化が行われるが、本来特定処遇改善加算は、厚労省が示している富士山型の人材構造への後押しであるべきであり、その効果が薄まっていないかも調査すべきである。経営側と働く側の両者にアンケートを実施した場合、見え方が違ってくることが考えられ、調査にあっては、介護現場からの声を拾うことも必要と考えている旨。等について発言しました。

資料のリンク

写真

お知らせ

【募集中】令和3年度の日本介護学会の発表研究(5月末まで)

19回日本介護学会で発表する研究を募集しています。

必要書類を受付期限内(5月末日まで)に所定の方法によりお申し込み下さい。

多数のご応募をお待ちしております。

募集要項

 

募集する研究発表テーマ

・「コロナ、アフターコロナでの介護の在り方」

・「実践事例報告(認知症ケア、介護過程、多職種連携の在り方など)」

・その他(多様性のある介護人材のマネジメント、介護現場における機能分化の在り方など)

 

申込方法

「研究発表に際しての留意事項」をご確認の上、提出物の全てを受付期間内にメールにて送付下さい。

これ以外の方法による申込み及び受付期間外の申込みは受理いたしませんので、予めご了承下さい。

研究発表に際しての留意事項

発表用抄録テンプレート

 

申込み必要書類(提出物)

研究発表申込書

共同研究者登録書

お知らせ

【募集中】専門誌『介護福祉士』への掲載論文(7月末まで)

実践現場のための専門誌『介護福祉士』への掲載論文は、随時募集しています。

論文の投稿をご希望の会員におかれましては、「投稿規程」及び「執筆要領」をご参照のうえ、お申し込みください。
論文の掲載の可否については、査読委員による査読及び編集委員会による掲載論文の決定の後、お申し込みいただいた全ての方に通知いたします。

第27号への掲載申込みは、令和3年7月末日までとしています。

皆様からのご応募をお待ちしております。

編集規程
投稿規程
専門誌抄録用紙
研究倫理チェックリスト
執筆要領

募集

♬ 国際介護人材支援Webサイト「にほんごをまなぼう」SNS投稿記事募集 ♬

厚生労働省 介護の日本語学習支援等事業にて運営しております
Webサイト「にほんごをまなぼう」SNSサイト(Facebook・YouTube他)への投稿映像を募集しております。
サイトプロモーションとして、全国の介護・福祉事業所様、関連団体様にお送りしました「にほんごをまなぼう」ポスター掲示や外国人介護人材の方々の活動場面スナップ写真、動画等にキャプション(一言)等投稿文を付けてメール添付にてご送付ください。
お待ちしております!!

※なお、投稿には審査があります。投稿許諾等ご確認のうえ、ご送付をお願いいたします。

<送付先>
Mail;intl-support@jaccw.or.jp
日本介護福祉士会 国際介護人材支援チーム 宛

「にほんごをまなぼう」サイトはこちら

「にほんごをまなぼう」Facebookはこちら

「にほんごをまなぼう」YouTubeはこちら